Homeプリウスのタイヤの摩耗が早いという噂

プリウスのタイヤの摩耗が早いという噂

アライメント調整

最近、プリウスオーナーの間でちょっとした話題になっていることがあります。

それは、
「プリウスのタイヤの摩耗が異常に早い」
ということ。

ひどいものでは、1万キロ程度でツルツル状態になっているものもあるよう。

私の知り合いだけでも、3台で同じような現象が起きています。

原因として、コーナリングでロールが大きいサスペンションのセッティングのせいと か、セダンとしては重たい車体のせい、などと言われていますが、どうもそれだけで はないようです。

というのも、結構な確率で極端な偏摩耗を起こしている車体があるのです。

単にロールが大きいといった問題だけでなく、ホイールアライメント※が狂いやすい傾向があ るのではないかと推測しています。

※ホイールアライメント=車体に対するタイヤの位置や向き、角度

知り合いのオーナーが、実際に偏摩耗を起こしているプリウスをタイヤショップで点 検してもらったところ、アライメントが大きく狂っていたそうです。

これからタイヤを交換するオーナーの方で、タイヤが異常な減り方をしている場合は 要注意。

新品タイヤに交換しても、同じ現象が起きてしまいますので、 アライメントを確認しておいた方が良いかもしれません。



ページトップへ

プリウスタイヤサーチ

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) 2011-2017 プリウスタイヤサーチ All Rights Reserved.
inserted by FC2 system